中野犬屋敷の跡碑

名称 中野犬屋敷の跡碑
住所 中野区中野 4-8
アクセス
備考
その他 中野区役所前

江戸時代、徳川綱吉が統治する1695年から1709年の間、中野は現在の区役所を中心として、北は早稲田通りから南は大久保通りあたりまで、東はZEROから西は環七あたりまで、全て犬の住居でした。その面積は最盛期で約30万坪(東京ドーム約20個分)と言われ、その中になんと約8万頭の犬が住んでいました。 この犬の住居には、5つの大きな犬囲いがあり、それぞれの囲いには「犬小屋」「餌場」「日除け場」「子犬養育場」などが完備され、他にも、専門の医者や役人なども配備されていました。
現在、中野区役所前にあるのが、犬囲い跡を伝える犬像です。区役所のある中野4丁目一帯の「囲町」という旧名は、この犬囲いがあったことに由来します。

現地の様子

inu1inu2

【PR】